アップル車買取

アップルと一括査定の車買い取り店を比較してみよう

車を売りたい、買い替えたいという時には買取業者やディーラーに依頼することでしょう。
もちろん、なかにはネットオークションや個人売買で売る人もいますが、手続が面倒ですし、いろいろとトラブルの元になりがちです。
そのため、手続も簡単で、売ってしまえばそれで終わり、という業者に依頼するのが一番です。

 

そこで問題なのは、どこに売るか、ということでしょう。

出来るだけ高く売りたい、というのは誰しも思う事でしょうから、どこが一番高いのかを知っておく必要があります。

 

買取業者を選ぶ場合には、やはり知名度は大切です。
買取業者によっては悪徳業者もあり、最終的にはかなり低い額で買い取られてしまうということもあります。
それを防ぐには、やはり全国的に名の知れた業者がベストでしょう。
車は地域によっても人気が変わりますから、全国規模の買取業者がいいです。
なぜなら、全国でその車が最も高く売れる額で買取してくれるのですから。

 

 

 おすすめの車買取業者としては車買取アップルがあります。
アップルは全国各地に店舗を構えており、気軽に足を運びやすい車買取業者です。
取り扱い車種も豊富で、基本的にどんなメーカーでも買取可能です。
日本車だけでなく外車の買取も行っています。
また、車を売るという時にはタイミングが大事ですが、最も高く買い取り四てくれる時期、やり方、コツなども教えてくれます。
もちろん査定は無料ですし、出張査定もおこなっています。

 

査定額も全国の相場を確認して、その車が最も高い額で買取してもらえるのです。
またアップルでは独自の流通ルートがあるため、国内はもちろんのこと、海外の方が高く売れるような場合には、海外にも流通ルートを持っているので、そちらに売ることでさらに買取額のアップが可能になります。


 

このように、車を買い取りしてもらうのであれば、安心できる買取業者で、そして高く買い取りしてくれる業者を選ぶようにしましょう。

車買取アップルそういった意味では非常におすすめ業者です。

 

そして、信頼できる業者が多いのが、「かんたん査定」と「ズバット車買取比較」の一括無料査定

 

どちらもアップルは参加しており、高額査定が期待できます。

車買取金額に差が出るポイント

買取業者によって差が出る

 

同じメーカーで同じ車種、車の状態が同じでも査定額に大きな開きが出る場合があります。

それは、買取業者によってです。

買取業者は、その車を買取、それを他の業者、または新しいユーザーに売ることで儲けを得る仕事です。

そのため、できるだけその差が大きければ儲けが出るというわけです。
だからといって、買取額を低くすればユーザーが買取に応じてくれません。
そのために、儲けが出る範囲で買取額を高くするのです。

 

ただ、買取業者によっては次のユーザーまで、中間業者がいくつも入ってしまうところもあります。
それだと中間マージンがかかるため、買取額を上げるわけにはいかなくなります。
ところが中間業者が少ないとそれだけマージンがかからず、買取額をぎりぎりまで上げることが可能なのです。

 

また、車は地域によって人気がわかれます。
たとえば4WD車は雪国では需要が多いですが、ほとんど雪が降らず、路面も凍結しない地域では燃費も悪く購入費用も高くなるため、人気がありません。
アップルのような、全国規模の買取業者なら、その車が人気のある地域へ流通させることができるため、買取額を高くすることができるのです。
その他にも、日本ではあまり人気がない車でも、海外では高値で売れる車もあります。
そういった販売ルートをもっている買取業者は強いです。

 

このように、同じ車でも買取業者によって大きな差がでてしまうことがあるのです。
そのため、1社だけでなく複数の業者、特に大手の買取業者に見積もり査定してもらうといいでしょう。

 

 

売るタイミングによって差が出る

 

車はできるだけ新車に近い状態のほうが高く買い取ってもらえます。

そのため、買取をしてもらう場合には少しでも早く売ってしまうのが基本中の基本です。

ただ、1週間やそこら早く売ったからといって買取額が変わることはまずありません。
ですが、売るタイミングを間違えると、買取額に差がでてしまうこともあります。

 

では、どういったタイミングで売ると買取額に差が出るのでしょうか。
まずひとつは、車検です。
車検が切れてしまってからと、車検が残った状態で売るのとでは差が出ます。
車検が残り少ない状態でも、当然再販する時には車検をとらなければいけないので、車検がなくなっている状態と差はありません。
ただ、車検が切れてしまっていれば公道を走ることができず、買取業者でもレッカー車を用意して運んでいかなければいけなくなります。
そのため、その費用分買取額が下がる可能性がありますから、車検があるうちに売ってしまうのがベストです。

 

その他には、ボーナスシーズン前です。
車を購入するタイミングとしては、やはり夏・冬のボーナスが出てからという人も少なくありません。
そのため、買取業者でもそれに備えて多くの車を買取しておくものです。
その時期に売れば高値買取も夢ではありません。
逆にボーナス後1ヶ月くらい過ぎてしまうと、買取額も落ち着いてしまいます。

 

また、車を購入するタイミングには、3月〜4月があります。
高校を卒業して免許を取った人が購入しますし、この時期に新車を購入した人は車検もこの時期に集中しますから買い替え時です。
こういった中古車が売れる時期も売るタイミングとしてはベストです。
需要シーズンの前に売るのがポイント

 

 

車の人気度によって差が出る

 

車買取額に差が出てしまうポイントとしては、その車の人気度です。

人気のある車ほど早く売れ、人気のない車はいつまでたっても在庫として抱えてしまうことがあるのです。

 

買取業者、中古車販売業者では、在庫をかかえていることが一番デメリットになります。
維持費もかかりますし、日数が経過すればするほど、その車の価値が下がっていくのですから。
価値が下がってしまうと、売値も下げなければいけなくなり、儲けがどんどん少なくなるのです。
人気車種なら、高値でもすぐに売れますし、維持費もかからず予想もつきやすいです。
そのため、少し儲けが減っても買取したいと思うので、買取査定額が高くなります。
逆に不人気車は、売れない可能性もあるので、どうしてもそれを考えると買取額をアップしづらいのです。

 

車の人気、不人気は、車種、メーカー、グレードによっても異なりますし、ボディーカラーや仕様によっても
違ってきます。
人と違った車に乗りたいという理由で、あまり人気のない車やボディーカラーを選んだり、値引きが大きいから不人気車を購入したりすると、いざ車を売る時に高値で買い取ってもらえない可能性もあります。

 

人気には、その車種に合わせた人気のボディーカラーもあります。
若者に人気の車種だとブラック系に人気がありシルバー系は不人気です。
逆に中高年の方に人気の車種はホワイトやシルバーが人気でブラック系はあまり人気が無い傾向にあります。
そのため、車種との兼ね合いも考えましょう。
またどのような車に人気があるのか、というのは地域によっても異なりますので、よく調べてみるといいでしょう。

 

 

車の走行距離・年式によって差が出る

 

同じ車でも車買取額に大きな差が出てしまうのが、車の走行距離、年式です。

もちろん新しければ新しいほど高価買取が可能になります。

見た目では分かりませんが、やはり走行距離が多くなると、いくら年式が新しくても消耗度合いが違ってきますから、買取額はダウンしてしまいます。
また年式が古くなると、いくら走行距離が少なくても、パーツやボディーが徐々に劣化していくものですし、新しい型式が出てきていれば、やはり古い型になりますから、見た目だけでなく安全性能、燃費の面でも悪いので買取額はダウンされてしまいます。

 

一般的に、買取額が大幅ダウンしてしまう基準としては走行距離なら10万q、年式なら10年経過した車は極端に買取額が悪くなります。
今の車は性能が良くなり10万qを超えても問題なく走行することができますが、やはり昔からの10万qを超えると車にガタがくるというイメージが根強く残っており、買い手が付きにくいのです。
同様に10年経過した車も故障が増えてくる、という理由で売れにくくなります。
したがって買取額も下がってしまうのです。

 

では、走行距離は少ないほどいいのか、ということでもないのです。
あまりに走っていない車はエンジンやバッテリーが弱っていることもあります。
車は適度に走っていた方が状態は良好なのです。
目安として、1年間で1万q前後が理想で、それくらいであれば買取額がダウンされることはありません。
もし、ちょっと走りすぎたな、と思ったら、あまり走らないようにする、という日頃の工夫も車の買取の際に大きな金額の差になってくるかもしれません。
たくさんの買取業者で車を売るならココ